• Ls Home

カンボジア基本情報  〜プノンペン主要エリア〜


今回はプノンペンで覚えておいたら便利なエリアをご紹介します。



写真:construction-property.com

BKK(ボンケンコン)


「ボンケンコン1」はプノンペン随一の繁華街です。周辺には各国の大使館があり、多くの外国人が住む高級住宅エリアとして有名です。レストランやスパ、日系クリニック、スターバックスなどのカフェ、サービスアパートメントなどが密集しています。BKKの名称で知られ、BKK1、BKK2、BKK3があります。一番価格が高いエリアはBKK1になります。



写真:thereiscory.com


リバーサイド


「リバーサイド(Riverside)」エリアはプノンペンの王宮東側に位置する、トンレサップ(Tonle Sap)川沿いを指します。主に外国人が集まる安くて美味しいレストランやお洒落なバーがあります。また、トンレサップ川沿いにはナイトマーケットと呼ばれる夜に開かれる市場があります。ナイトマーケットでは主に衣類や雑貨類が販売されていて、カンボジアを思わせる柄やそのまま「Cambodia」の書かれているTシャツなどが販売されています。お土産を安く買いたい人にはおすすめです。




写真:dooorblog.com


トゥールトンポン


「トゥールトンポン(Toul Tum Poung)」エリアは外国人の住宅街で、安くてオシャレなお店が密集しています。メインストリート155にはスターバックスや丸亀製麺、Carl's jr.(米国ハンバーガーショップ)があり、現地の人にも人気です。コンドミニアムの家賃も安く、「トゥールトンポン」エリアに住んでいる日本人もたくさんいます。エリア内には観光客にも人気のロシアンマーケットもあります。



写真:groo-vy.com



ダイヤモンドアイランド


「ダイヤモンドアイランド(Diamond Island)」エリアは、高級コンドミニアム、国際展示場、コンサート会場、遊園地、お城のようなシティホール、インターナショナルスクールがある新興住宅街です。


主に中国企業により開発が進んでいるエリアで、橋を渡った先にあります。日本でもお馴染み東横インもすぐ近くに位置しています。高層ビルの建設が進められ、中華料理レストランも次々とオープンしています。未来都市として注目を集めています。


写真:seishiron.com


トゥールコック


「トゥールコック(Tuol Kouk)」エリアはプノンペン中心地より少し北に行ったエリアです。エリア北部には閑静な高級住宅街があり、また近くにはTKアベニュー(若者たちに人気のショッピングモール)があります。プノンペン国際空港からのアクセスも良く、今後注目されているエリアの1つになります。



写真:booking.com


トンレバサック


トンレバサック(Tonle Bassac)は、多くの大使館やカンボジア政府の建物があることで、外国人や地元の人々に人気があります。


イオンモール1号店がオープンしたエリアでもあり、日本人にとっても住みやすいと人気があります。またこのエリアはプノンペンでは唯一のカジノ施設(ナガワールド)もあり、観光客も多数訪れる場所になります。




63回の閲覧0件のコメント