• Ls Home

カンボジア基本情報  〜カンボジアの主要都市〜





プノンペン カンボジアの首都 人口:約281万人(2019年時点) 面積:679㎢





にぎやかな首都には、寺院、美術館、王宮など、幅広い文化的および歴史的建造物があり、多くの観光客が訪れています。近年開発が進み、高層ビルやマンション、また大型のショッピングモールなどが増えて来ています。



シェムリアップ カンボジア第2の都市 人口:約24.5万人(2019年時点) 面積:N/A



シェムリアップには、世界遺産で知られる『アンコールワット』などのアンコール遺跡があり、毎年世界中から多くの観光客が訪れています。街の中心部にはオールド・マーケットやパブストリートといった場所があり、朝から夜遅くまで賑わっています。

バッタンバン カンボジア第3の都市 人口:約11.9万人(2019年時点) 面積:293 km2





プノンペンから北西約300kmに位置する都市。タイとの国境を接する地域でもあり、タイと首都プノンペンをつなぐ重要な中継地点です。市内を流れるサンカー川とフランス植民地時代の建物も魅力の1つです。またバッタンバンは土壌に恵まれており、カンボジアのライスボウルと称されるほど稲作が盛んな地域としても知られています。

シアヌークビル カンボジア南部の港湾都市 人口:約7万3000人(2019年時点) 面積:195.9 km² シアヌークビルは、タイランド湾に面しておりビーチリゾートとして有名。カンボジアの独立のために戦った国王(ノロドム・シハヌーク)に敬意を表して、シアヌークビルと名付けられています。最近では、中国資本のホテルやカジノが立ち並び、町が中国化している事でも知られている。





カンポット タイランド湾に面した静かな街 人口:約2万3000人(2019年時点) 面積:N/A

カンポットは美しい自然風景を堪能出来る町。カンポットの川沿いには、ホテルやレストランが並んでいます。フランス植民地時代に建てられた建築物が多く残っており、美しい街並みも魅力の一つです。またカンポットは胡椒の町としても知られています。


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示