グロス利回り

グロス利回りは「表面利回り」と呼ばれるのが一般的です。計算方法は下記のように表面利回りは年間の家賃収入に不動産価格を割ったものです。

グロス(表面)利回り(%)

年間家賃収入 ÷ 物件購入価格 × 100

例えば、2000万円の中古ワンルームマンションを買ったとします。家賃が7万円だとしたら、年間で得られる家賃収入額は84万円です。2,000万円の投資に対し、年間84万円のリターンが見込めます。この場合、表面利回りは84万/2,000万=4.2%となります。

 

管理費や税金などの経費を考慮せずに計算した利回りです。そのため、購入後の実際の利回りは、この表面利回りを必ず下回ります。不動産会社の広告に掲載されている利回りは一般的にこの「表面利回り」を示しています。

ネット利回り

ネット利回りは「実質利回り」や「N O I利回り」とも呼ばれています。N O IとはNet Operating Incomeの頭文字をとったもので、不動産運営時や購入時のコストを考慮にしたうえで、購入時の出費に対して、手元に残る現金をどれだけ効率よく得られるかを指した直です。計算方法は下記の様になります。

 

ネット(実質)利回り(%)

=

(年間の家賃収入 – 年間の諸経費) ÷ 不動産価格 × 100

 

 

例えば、先程の年間収入が84万円ある2,000万円の中古ワンルームマンションの年間経費が24万円だとした場合、実質利回りは(84万―24万)/ 2,000万=3%となります。 ​ 経費とは、固定資産税や管理費、火災保険料、修繕積立金などがあげられます。年間にかかる諸費用を引いて計算するので、より正確に収益性を把握することができます。 ご自身で、賃貸経営の収益性を正確に把握できるようになるためにも、表面利回りと実質利回りの定義と計算方法を覚えておくのをお勧めします。 ​ちなみに海外物件の場合、総合面積をグロスエリア、専有面積をネットエリアとも呼びます。

グロスとネットの違い