プレビルドとは?

​プレビルドとは工事が着手される前・建設途中で不動産を購入出来る事を指します。日本の不動産ではこの販売方法は宅建業法上で禁止されていますが、東南アジアでは建設許可が降りると物件が完成する前の段階で販売できる国が多いです。​日本で不動産を購入する場合は、5%〜10%の頭金を契約締結時に、物件の完成時に残りを一括で払うのが一般的ですが、プレビルドで物件を購入する場合物件価格の10〜20%の手付け金を複数回に分けて支払う​事が出来ます。(分割払いのスケジュールはについて物件により異なります。)

zane-lee-9cnzCy4YsNE-unsplash.jpg

メリット

■ 手持ちが少なくても購入が出来る

■ 一括支払いだとさらに割安に購入することができる。

■ 分割で購入することができる。

■ キャピタルゲインに期待できる。

■ 高い利回りにも期待できる。 ​

 

 

プレビルド物件の最大のメリットは、割安で物件購入出来る事です。デベロッパーは建設が進むごとに、売り出し価格を上げていく為、早い段階で情報を仕入れることができれば、それだけ安く物件を購入できるということになります。その為、売却時のキャピタルゲイン や高い利回りにも期待が出来ます。また、手付け金を分割で支払う事が出来る為、手持ちが少ない人でも不動産を購入する事が出来ます。

デメリット

■ 物件が完成しないリスクがある。

■ 物件完成の時期が遅れる可能性がある。

■ 資金を寝かすことになる。

■ 期待したキャピタルゲインが得られないことがある。

■ 完成まで物件の品質がわからない場合がある​

 

 

プレビルドのデメリットは、デベロッパーが倒産等した場合に物件が完成しないリスクがある事です。また東南アジアでは、物件の完成が予定日より遅れる事もよくあります。他にも人気の物件であれば物件完成前に転売する事も出来ますが、価格が上昇するまで資金を寝かす事になります。また物件の品質は、物件が完成後出ないとわからない為、物件完成後に期待したキャピタルゲインが得られない可能性もあります。